お役立ちコラム column

頭金と手付金の違い!

頭金とは

この二つは一緒ではありません。
全く別のものです。
まず、頭金は【お家を購入する為に使うお金】です。

 

例えば2000万円の物件を購入するとします。
自己資金として500万円・残りを住宅ローンで組む場合は、頭金は500万円になります。
自己資金を0円全て住宅ローンで組む場合は、頭金0円になります。

 

 

 

 

手付金とは

手付金は【物件ご契約の際に売買代金の一部として売主様にお支払い頂くお金】です。
契約時にお支払い頂く手付金の目安は、購入価格の10%です。
2000万円の物件であれば200万円です。

 

 

 

 

手付金が高額な理由

急に用意するお金としては高額になりますよね?
よく「手付金はなぜ1割が目安なんですか?」というご質問を頂戴します。
まず手付金を支払い頂く意味ですが、手付金は契約時に売主様に売買代金の一部としてお支払い頂くものになります。
売主様も買主様も同じ人間です。
何らかの理由で契約後「やっぱりやめたい」「他にもっとお得な物件が売りにでてきた」「もっと高く買ってくれる買主さんが出てきた」といった理由で解除されることもあるかもしれません。
手付金はこのタイミングで関わってきます。
契約後は手付金を放棄することで、契約をやめることができます。
つまり、100万円を手付金としてお支払い頂く契約と、1000円を手付金としてお支払い頂く契約ではどうでしょう?
どちらの方が【やめやすい】契約になっているでしょうか?契約に重みを持たす為に、ある程度お金をご用意頂くんですね。

お役立ちコラム一覧に戻る
Fudousan Plugin Ver.6.0.2