お役立ち情報

中古物件の場合、リフォーム費用は買主負担?

中古物件のリフォームは基本的に買主様負担になります。
中古物件のお取引の90% は【現状有姿取引】が前提になっています。
【現状有姿取引】とは、「現状の有りのままの姿でお引渡しいたします。」ということです。クロスが破れていようが、電気が切れていようが、関係なくです。
ちょっと納得いきませんよね?
売主様が一般消費者の方(業者ではない)の場合、そこまで責任を問う事ができないのが現状です。
ただ、売主様の中には「売却が決まればこちらで〇〇と△△はこちら負担でリフォームさせて頂きます」といったように【リフォーム渡し】を前提に販売されている物件や、既にリフォームされている物件もございます。
販売方法は要チェックです!!

このサイトについて

ブラウザについて

当サイトでは、各種最新ブラウザでの閲覧を推奨しています。

当サイトでは、全ページデータ転送にSSL(Secure Sockets Layer)という暗号方式を採用しています。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を使用しています。このGoogleアナリティクスはデータの収集のためにCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関しての詳細はGoogleアナリティクスサービス利用規約のページやGoogleポリシーと規約ページをご覧ください。

Fudousan Plugin Ver.5.4.0