新着情報

住宅ローンの流れ

2020.07.31

住宅ローンの申し込みから実行(融資されること)までの流れについて、簡単に説明させていただきます。
大まかな流れや、申し込みから実行までに必要な期間を知っておくことで、余裕をもって対処いただけるかと思います。

 

【ご相談】→【ローン申し込み】→【審査】→【融資の決定】

 

初めに、お客様のお仕事やご家族の将来設計などをお伺いし、様々なプランをご提案させていただきます。
通常、銀行に行って申込書や必要書類が全てそろって提出した時点から、【承認】・【否認】・【減額】等の返事をもらえるまでの期間は約1週間です。
審査が承認になった後、半年~1年くらいは審査結果が有効になるところが多いので、余裕をもって申し込みしましょう。
審査結果が承認になっていれば、借入したいときに合わせて金銭消費貸借契約(住宅ローンの契約)を結ぶことができます。

 

【住宅ローンのご契約】→【ご融資の実行】

 

承認になった後、銀行と【住宅ローンの契約】を結びますが、承認になってから住宅ローンの契約を結ぶまでに約3日間ほどかかります。
次に、住宅ローン契約が済んでから、口座にお金が振り込まれるまで、約2日~3日かかります。
つまり、書類を揃えて申し込みしてから、実行までの期間は、最短で約2週間となります。
申し込みから実行までの期間が2週間とは言っても、あくまでもこのスケジュールは目安です。
書類に不備があったり、何か問題が起こったりすると1か月もしくはそれ以上かかってしまうこともあります。
ご注意下さい。
ここでご注意していただきたいのが、ローンの審査は、実際にマンションや戸建て等の実際の物件の売買契約が済んでからでないと原則申し込みできません。
審査には売買契約書または工事請負契約書が必要になります。
正式に売買契約をした物件に対してのみ、審査を行うということになります。
物件も決まっていないのに審査だけしたい!ということは基本的にできませんのでご注意下さい。(例外有)

 

【住宅ローンのお申し込みに必要な書類】

 

■給与所得者の方
①住民票
②所得証明書
③印鑑証明書
④実印・認印
⑤健康保険証のコピー
⑥源泉徴収票
⑦本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)

 

■個人事業主または法人経営者の方
①確定申告書(写)
②納税証明書(そのⅠ・そのⅡ・そのⅢ)
※法人経営者の場合は決算書3期分
金融機関より提出を依頼される場合が御座います。
また、金融機関によっては他の書類も依頼される場合が御座います。

Fudousan Plugin Ver.5.4.0